「ITサービスとは何ぞ!」を解きます

便利だが気をつけるべきスマホ

by hirai on 2014年12月16日

スマートフォン、いわゆるスマホのアプリケーションの開発者の募集は近年非常に多くなってきています。スマホは以前からあるPDAに通信・通話機能をつけたものともいわれます。
スマホが大ブレークしたのはApple社のiPhoneの発売でしょう。(それに準ずるAndoroidも合わせていうことができます)共通のOSをもっていることが、従来の携帯電話と大きく違うことで、このOSにそって様々なアプリケーション(アプリ)が頒布、発売されています。

内容はビジネスに関するものからゲームまで様々ですが、簡単にダウンロードできて、使用できることが大きな特徴です。アプリの増大によって、中にはウィルス感染の心配が出ててきました。
それに対する、アンチウィルスソフトが発売され、これも大きな市場になりつつあります。

基本的に、アプリは専用のサイトからダウンロードするべき(iPhoneだったらApple Store、Andoroidならばアプリの審査や不正アプリの排除を実施している場所、米Google社の「Android Market」など)ですが、フリーサイトからのダウンロードもできるようになっています。

これらフリーサイトからのダウンロードはウィルスに気をつけねばなりません。必ず、アンチウィルスソフトをインストールして使用する必要があります。
特にAndoroid端末はウィルスが多く出回っており、OSの改変をしたりしない、常に最新のOSを使うなどの注意が必要です。
また、スマホはビジネスで使う場合小さなPCと考え、どこまでの情報を入力すべきか、紛失、盗難時のポリシーをきめておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です